ロゴ.jpg

白馬
バーチャロフセンター

クラウドファンディングスタート!

キーワードは「OFF」

コロナ禍で「オンライン〇〇」が加速し世界は便利で忙しく進化を加速しました。

生活のオンとオフの境目が曖昧になっていませんか?

オフの日に好きな人と会う、集まる。仮想ではない景色を観る場所に行く。

そんな本物と触れ合う場所を作りたい。

あなたの未来を彩る「オフ会施設」を共に作りましょう!

​ご協力よろしくお願いします。

 

HAKUBA

VIRTUAL OFF

CENTER

白馬バーチャロフセンター

旅館木塵に併設されるオフ会施設。さまざまな趣味の同人(同じ趣味の人)が集まる会場。ゲームセンター用バーチャロン(フリープレイ)が設置される。持ち込みのゲーム、アナログゲーム、プラモデル、映画、コンサートなどのイベント、宿泊企画が快適に行える。特に観戦に主軸を置いた設計。プレイヤー、オーディエンス、ストリーマーなどそれぞれが集まって最大限楽しめる空間を提供する。

シンvoc.jpeg
 
IMG_1376.jpeg

ARCADE
VIRTUAL ON

ゲームセンター用バーチャロン

歴代のバーチャロン(初代OMG、オラトリオタングラム5.66、フォース)をDXツイン筐体で常時プレイ可能。まさに本物に触れ体感できる!

​​約30年前のゲーム機を健康に維持できています。さらに良い環境での保持をしたい。

​貴重な資料やグッズなどの展示室も設け、博物館的側面も担う。

 

​観戦を楽しもう!

カウンターバーの設置

おしゃれなバーカウンターで酒類、軽食の提供をします。

巨大モニター見ながら仲間と集まっての観戦。その興奮と共有した時間はその場所に居た人だけの宝物。

​​ゲームの楽しみ方はプレイだけじゃない。プレイヤーよりもオーディエンスの方が楽しい!なんて思わせる環境を提案します。

パブにて
 
IMG_20220616_0003.jpg

展望テラス

​白馬の景色と空気を満喫

バーカウンターはテラス席にも対応可能。美味しい空気と共に白馬の自然を感じる憩いの空間を提供します。

キャンプ場としての利用も予定。楽しみは多岐に拡張していく。

​本物に触れる価値ある体験を。

 

大好きなゲーセン文化

その空間が大好きだった。

そこにいる人が好きだった。

自分のプレイも他人のプレイを見るのも好きだった。

その空間は時代に阻まれパンデミックに阻まれて消えつつある。

我々の未来に存続させ、楽しい時間を共有できる空間を作りたい。

守りたい。

​​新しいゲーセンの在り方

​​我々の遊び場を作り

​あの頃よりも楽しみましょう!

アミューズメント施設向けゲーム
 
寄付ジャー

HAKUBA VIRTUTAL OFF CENTER
CROWD FUNDING

バーチャロフセンタークラウドファンディング

資金調達のご協力をお願いします。

​目標金額は23,000,000円

​​実施期間は2023年2月末まで​

 
IMG_1894.jpeg

4,904,232円

H.V.O.C基金(表示は不定期更新)

支援者数56名

内250万円は繰越基金 支援者369名

予算

支出

建築(詳細見積中):4000万円

法人税約30%:300万円

収入

HVOC基金:2,549,532円(250万円)

事業再構築補助金取得に挑戦中(2/3補助):2000万円(上限)

クラウドファンディング:2050万

​銀行融資を相談中。融資が決まれば(有)木塵が借入して基金積み立てをする。

 

利用規約

​クラウドファンディングについて

有限会社 木塵 (以下、「木塵」と称します)は、木塵が主催する「白馬バーチャロフセンター クラウドファンディング」(以下、「HVOC基金」と称します)についての利用規約(以下、「本規約」と称します)をここに定めます。本規約は、HVOC基金を利用する際に適用され、支援者(後述)は契約の内容となることに合意するものとします。